自分の状況にあったところから借りるのが大事

お金を借りる事になると、どこでお金を借りるのがいいのか?ということが気になるかと思います。

 

解説する女性

借りる先としても「親・兄弟姉妹から」「親戚から」「生命保険から」「友人・知人から」「銀行から」「消費者金融から」というようにいろいろあります。

 

正直、親・兄弟姉妹・親戚から借りるのは絶対にやめておいた方がいいです。お金のことで気まずくなることはかなり多くて、借りて以来音信不通になったということもよくあります。

 

ですので、銀行や消費者金融などの金融機関から借りた方がいいです。これらは貸すのが仕事なわけですので、あとで変になるということがありませんからね。

 

金融機関といってもときどき変な会社もありますので気を付けて下さい。悪徳業者や闇金といわれる業者ですね。必ず知名度のある有名な会社から借りる事が重要です。

 

で、銀行や消費者金融の中でどこがいいのか?ということになりますが、その人の状況に合ったところから借りるようにしないといけないです。

 

「急いでいるか?」や「誰が借りるのか?」などによって違ってきますからね。

 

状況別のどこで借りるのがいいのか?ということについては、それぞれ詳しく説明していきますので、その状況にあったところの金融機関で申込みするといいでしょう。

金利も低くて高額融資してもらえる<<審査に自信のある方はまずこちら>>

 

商品内容というのはすごく重要です。なるべく金利が低いところで借りれば支払う利息は少なくて済みますし、融資限度額が高ければたくさん借りたい方も大丈夫ですからね。

 

今の金利って利息制限法内に抑えられていて、どこも同じような金利になっていますが、金融機関によってか驚くほどの金利設定になっているところがあります。

 

その金融機関というのがみずほ銀行です。みずほ銀行はエグゼクティブプランというのが用意されていて、これがかなり金利が低いのです。

 

その金利は3.0%〜7.0%という低金利設定ですからね。最低金利ですが3.0%となっていますから、3%代の金利ってある意味住宅ローン並みですよね。

 

しかも、最高融資額は1,000万円となっているので、新車で高級車を変えるぐらいの融資額になっています。個人向けカードローンの融資額としてはこちらもトップクラスですね。

 

こういう風に商品内容をいろいろ考えてみても、このみずほ銀行は今の所トップクラスの商品内容といえると思うので、まずはみずほ銀行を検討するようにしましょう。

 

ただ、金利が低い分審査も厳しい傾向にはあると思います。専業主婦はまず借りる事が出来ませんし、他社であまりたくさん借りている場合は審査に落ちる可能性も大いにあるかと思います。

 

≫みずほ銀行の申し込みはこちら

 

金利が3.0%〜7.0%となっているけど、この間のどの金利が適用されるの??

金利は審査に応じて決められた利用限度額のコースによって決められます。限度額が大きくなればなるほど適応金利は下がるようになります。いかに各コースと金利について書いておきます。

 

ご利用限度額
基準金利
所定の条件を満たす場合※1
200万円以上〜300万円未満
7.0
年 6.5%
300万円以上〜400万円未満
6.0
年 5.5%
400万円以上〜500万円未満
5.5
5.0
500万円以上〜600万円未満
年 5.0%
年 4.5%
600万円以上〜800万円未満
年 4.5%
年 4.0%
800万円以上〜1,000万円未満
年 3.5%
年 3.0%

 

※みずほ銀行の住宅ローン利用者

審査が厳しいと書いてあるけど詳しい基準は??

審査基準に関しては各金融機関によって違いますし、その詳しい基準に関しては絶対に公表されない内容です。ですので、とりあえずは申し込みしてみるしか結果は分かりませんので申し込みしてみるといいでしょう。

融資額が1,000万円も与えられる可能性はどれくらい??

こちらも残念ながら審査によって何とも言えないです。ただ、1,000万円の融資枠という場合は、かなり高額な収入を得ている場合ではないと難しいでしょう。
仮審査承認の額が300万円を超える場合で、200万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になるので用意しておいてください。

みずほ銀行の口座を開設しないといけないの??

口座開設が必要です。カードローンの申し込みと同時に口座開設の申し込みもすることが可能です。

 

即日融資してもらえる<<なるべく早く現金を手にしたい方>>

 

お金を借りる場合ですと、急いでお金が必要な時というのもよくあるかと思います。そういう時にスピーディな対応をしてくれるかどうかっていうのは非常に重要になってきますよね。

 

すぐにお金がほしいのに、カードが郵送される2週間後ぐらいまで待たないといけないとなると間に合いませんから。即日融資可能な金融機関を利用しなければいけません。

 

で、このスピーディな対応をしてくれて即日融資を受けることができる金融業者が「アコム」と「プロミス」ですね。アコムとプロミスは消費者金融として長い歴史があり知名度も高い金融業者です。

 

まずアコムの場合ですと、ネットで申込みをして銀行営業日の14時までに必要書類を提出することができれば、即日融資が可能で、いつも使っている銀行口座に現金を振り込んでくれます。

 

この時間以降になったり、土日祝日でもネットで申込みしてから無人契約機にカードを取りに行けばその日のうちにカードを発行してもらえて、そのカードを使って借り入れすることができるのです。

 

無人契約機は21時30分まで開いているので、この時間までにカードを取りに行くことができれば、すぐに借り入れすることができるというわけです。

 

プロミスも即日融資が可能ですし、土日祝日や銀行の営業時間外の場合でも無人契約金カードを取りに行けば即日発行してもらえます。プロミスの無人契約機は22時まで開いているというのが特徴ですね。ちょっとでも長いと有難いですからね。

 

ですので、急いでいるという方はアコムかプロミスの審査に急いで申込みするといいでしょう。

 

≫アコムの申し込みはこちら

 

≫プロミスの申し込みはこちら

 

振り込みしてもらえる金融機関は??

いつも使っている銀行で問題ありません。地方銀行でも大手銀行、信用金庫、JAバンク、ゆうちょ銀行などどこでも大丈夫です。

土日や祝日、銀行営業時間外などで、直接無人契約機にカードにとりに行く場合ネットで申し込まないといけないの??

直接無人契約機に行って申込しても大丈夫ですが、事前にネットで申込みしてから無人契約機に行った方が、かなり時間が短縮されます。
無人契約機の中に長い間いることなく、スピーディにカードが発行されますので、なるべくネット申し込みしておいた方がいいでしょう。。

なるべく早く借りるためにも、事前に用意しておく書類は???

アコムとプロミスと必要書類は同じで、本人確認書類として運転免許証か健康保険証、パスポートといった書類を用意しておいてください。
アコム、プロミスの各社での契約が50万円を超える場合や、他社を含めた借入総額が100万円を超える方は、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書が

 

専業主婦の方でも借りれる<<仕事をしてない主婦の方>>

 

専業主婦の方というのは仕事をしていませんよね。主婦も立派な仕事ではありますが、給料をもらうことができませんので仕事をしていないとみなされてしまいます。

 

この専業主婦の方がお金を借りれるのか?ということになりますが、ややこしい法律の話は抜きにして、消費者金融と呼ばれるアコムやレイク、アイフルなどでは借りる事が出来ませんが、銀行カードローンならば借りる事ができます。

 

ただ、すべての銀行カードローンで借りれるというわけではなく、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行ならば借りる事ができるのです。

 

旦那さんが働いていないという場合ならば借りる事はできませんが、旦那さんがちゃんと働いていて収入があれば借りる事ができますので申し込みするといいでしょう。

 

≫みずほ銀行の申し込みはこちら

 

≫三菱東京UFJ銀行の申し込みはこちら

 

旦那の職場に確認の連絡がありますか??

あくまで専業主婦の方自信が借りるわけですので、旦那さんの職場に連絡はありません。旦那さんを保証人にすることなども不要です。

いくらまで借りられる可能性があるの??

専業主婦でも借りられるといっても、そんなに高額な融資は期待しないほうがいいかと思います。多くても30万円ぐらいの融資枠と思っておくといいかと思います。

延滞した時はどうなるの??

延滞した場合にはやはり催促の電話がかかってきます。こればっかりはしょうがないですね。ただ、個人の携帯電話にかかってくるかと思いますし、家の電話だとしても個人名でかかってくるので、旦那さんにばれるという心配はありません。

旦那に隠しているわけではないのですが、専業主婦の私名義と旦那名義のどちらがいいのでしょうか??

専業主婦の方の場合はあまり高額な融資は望めませんので各金融機関の最高金利が適用される可能性が高いです。
ですので、旦那さん名義でも大丈夫な場合は、旦那さん名義で借りるようにしてまずはみずほ銀行に申込するといいかと思います。その方がより低金利で高額な金額を借りる事ができる可能性が高いです。

 

学生の方でも借りれる<<20歳以上でアルバイトをしている方>>

 

学生の方でもお金を借りたいという人は多いですね。学業自体にも参考書代などかかりますし、学生の時は旅行や飲み会といった遊びにも何かとお金がかかりますからね。

 

この学生がお金を借りるためにですが、まず高校生の場合や大学生であっても18歳・19歳の方、20歳以上でもアルバイトをしていない方というのは借りる事が出来ません。

 

20歳以上の大学生の方でアルバイトをしているという方は、審査のうえ利用することができます。

 

学生専用の学生ローンで借りるということも選択肢としてはあるかもしれませんが、学生ローンの場合特に怪しい業者も多いですので、大手で学生でも借りれる「アコム」「プロミス」「みずほ銀行」に申し込みしてみるといいかと思います。

 

20歳以上でアルバイトをしていないという場合は、まずはアルバイトを始めましょう。そもそもアルバイトをしていないと定期的な収入がないわけですので、返済していくことができませんからね。

 

≫アコムの申し込みはこちら

 

≫プロミスの申し込みはこちら

 

≫みずほ銀行の申し込みはこちら

 

18歳・19歳の場合は絶対に借りられませんか??

大手の金融機関では無理です。ただ、学生専用の学生ローンになりますが「アイシーローン」という学生ローンならば借りれる可能性があります。アイシーローンは安心できる金融機関ですので、18歳・19歳の方も検討してもいいかと思います。

 

≫アイシーローンの申し込みはこちら

アルバイトを初めて1カ月しかたってないけど大丈夫でしょうか??

1か月でもアルバイトを始めていて、そのアルバイト先で勤めているという確認が取れれば借りれる可能性は十分あります。ただ、審査によってわからない部分もありますのでまずは申し込みしてみるといいかと思います。

旅行などの遊びに使うお金を借りれるの??

そもそもカードローンというのは使途が決められていません。
使途が決められているのはマイカーローンとか住宅ローンといったようなもので、こういうのは目的の為だけにしか使うことができませんが、カードローンは使途が決められていませんので旅行などの遊びに使うのでも大丈夫です。
中古車やバイクの購入資金として使うことも可能です。

両親・家族や学校にバレないの??

金融機関の方としてもプライバシーの面は非常に重要視しています。ですので、延滞などによってもし連絡することがあっても個人名出かけてきますし、携帯電話の方に指定しておけば携帯のみにかかってきます。
カードも送られるのが嫌ならばとりに行くようにしておけば、郵送物はありません。利用明細書にしても同じくです。ですので、基本的にばれるというようなことはないかなと思います。
延滞などしてそのままに放置しておくと郵送物などが届いたりしてばれる可能性もあるかもしれませんので、支払えないという場合でも必ず金融機関の方に連絡するようにしてください。

 

無利息期間があってお得<<短期間の間だけ借りたい場合>>

 

給料日までお金を借りたくて、給料日がが来れば全額返済したいというような、短期間だけ借りたいということもあるかと思います。

 

こういう時は無利息期間付きのローンを利用するといいです。無利息期間付きのローンというのは、金融機関の顧客サービスの一環で、一定期間の間は利息が0円というものです。

 

この一定期間のうちに返済してしまえば利息を支払わずに済みますので、短期間だけ借りたいという場合は、この無利息期間のある無利息ローンを利用するようにするといいでしょう。

 

無利息期間付きの金融機関というのが「プロミス」「アコム」になります。

 

プロミスの無利息内容

プロミスは、プロミスの利用が初めてで、メールアドレスの登録とWeb明細を利用することによって、30日間無利息で利用することができます。初回の出金の翌日から30日間となります。
カードを作って契約したからと言ってすぐに借りないと30日間がカウントされるというわけではなく、カードを作ってしばらくたってから借り入れしてもそこから30日間無利息となります。

 

≫プロミスの申し込みはこちら

 

 

アコムの無利息内容 アコムはアコムを初めて利用する方を対象として契約日の翌日から30日間が無利息期間となっています。

 

≫アコムの申し込みはこちら

 

 

結局、プロミスとレイク、アコムのどの無利息ローンを利用するのがいいの??

どれも同じ感じの無利息ローンではありますが、まずはプロミスの無利息ローンが、カードを作ったときから30日間ではなく、実際に借り入れをしたときから30日間ということもあり利用しやすいかなと思いますので、1番はプロミスがおすすめです。
次に5万円の少額の借り入れですと、レイクならば180日間無利息という選択肢もあるので、2番目がレイクで、3番目がアコムという順番になります。
どちらにしても、各金融機関での借り入れが初めての方を対象としているということを注意してください。すでにプロミスでかい離れしている場合は、レイクなどを利用しないと無利息ローンは利用できません。

無利息期間中に返済できないのならば利用しないほうがいいの??

そんなことはありません。無利息期間は利息が0円というだけでもかなりお得ですので、それ以降利用する場合でもこれらのプロミス、レイク、アコムで借入する価値はあるかと思います。

 

 

 

 

収入証明書なしで借りたい <<書類をそろえることが難しい場合>>

お金を借りる場合には収入証明書が必要です。本当に仕事をして働いていて、収入があるということをローン会社に証明しなければいけませんからね。

 

でも、必ず収入証明書が必要ということではなく、各ローン会社によって一定の金額までの借り入れに関しては必要ないというところがあります。

 

各ローン会社によって決められた一定の金額以上の融資を受けたいという場合は、収入証明書を提出しなければいけないというわけです。

 

ですので、収入証明書を提出するのが何らかの理由で難しかったり、面倒だという人は各ローン会社の収入証明書が必要ない金額までを希望すればいいというわけなのです。

 

その各ローン会社によって決められた収入証明書が必要ない金額を書いておきますね。基本的に高額の融資の場合は必要になり、少額の融資の場合には必要ないという感じです。

 

ローン会社名 収入証明書不要の金額 公式ページ
プロミス 50万円以下 ≫プロミスの公式サイト
アコム 50万円以下 ≫アコムの公式サイト
みずほ銀行 200万円以下 ≫みずほ銀行の公式サイト
三菱東京UFJ銀行 200万円以下 ≫三菱東京UFJ銀行の公式サイト
モビット ≫モビットの公式サイト
オリックス銀行 300万円以下 ≫オリックス銀行の公式サイト

 

注意しておいてほしいのが、この金額はあくまで目安的なものとして考えておいた方がいいです。状況などによってはこれ以内の金額でも収入証明書の提出を求められる可能性もありますからね。

 

収入証明書が必要ない額で1番高かったのがオリックス銀行でしたね。続いてみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行になります。

 

基本的に銀行カードローンは収入証明書不要の金額が高く、消費者金融に関しては低めという感じです。モビットは確かな数字が分からなかったのですが、おそらく50万円程度ではないかと思います。

 

 

月々の返済額を抑えたい <<ちょっとずつマイペースに返済したい場合>>

月々の返済額というのが気になっている人も多いかと思います。月々の返済額が多いと返済に困って延滞してしまうということもあり得ますからね。

 

延滞してしまって、どんどん返済に困ってしまえば、最終的にブラックリストに載るということにもなります。ブラックリストに載ってしまえばまともなローン会社ではお金を借りられなくなってしまいます。

 

最終的に弁護士や司法書士に依頼して債務整理をしなければいけないということもあり得るでしょう。

 

こういうことを避けるために、月々の返済がいくらなのか?ということはちゃんと把握しておかなければいけませんね。そこで、各ローン会社の月々の返済額の目安を調べてみました。

 

基本的に月々の返済額はローンの残高によってきまってきますので、残高5万円、10万円、30万円の3つで調べています。

 

ローン会社 残高5万円 残高10万円 残高30万円
プロミス 2,000円 4,000円 11,000円
アコム 3,000円 5,000円 13,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円
三菱東京UFJ銀行 1,000円 1,000円 3,000円
モビット 4,000円 4,000円 11,000円
オリックス銀行 7,000円 7,000円 7,000円

 

適用される金利によって若干違ってくると思いますので、そのあたりはちゅいしておいてくださいね。

 

1番月々の返済額が小さいのは三菱東京UFJ銀行カードローンですね。圧倒的に低いと思いますので、なるべく少なくしたいという方は三菱東京UFJ銀行を利用するといいかと思いますよ。

 

プロミスも結構低めに設定されているので続いておすすめです。

 

 

まとめ

 

お金を借りるところというのはたくさんあります。いつも利用している銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行、JA(農協)、地元の消費者金融などいろいろありますよね。

 

金融機関というのはどこも個人向けの融資を用意しています。個人向けのカードローンというのは目的の決まっている目的ローンと違って、金利が若干高めですので、金融機関にとって大きな利益になる商品だと思いますので。

 

なので、どこの金融機関も個人向けカードローンの商品があって、それを利用してお金を借りる事ができます。

 

でも、どのカードローンも同じ内容というわけではなく、商品内容は変わってきますし、その時の状況に応じて利用すべきカードローンは変わってきます。

 

急いでいるのに審査に時間がかかり、ローンカードを手に入れるまで利用することのできない銀行カードローンに申込するというのはそもそも間違っていることですもんね。

 

なので、当サイトで状況によって分けているように、状況に合わせたカードローンを利用するというのがすごく大事なことなんですよね。

 

また、いつも利用しているような銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行、JA(農協)、地元の消費者金融といったところよりも、大手で利用実績のある上記で紹介しているようなローン会社を利用した方がいいです。

 

上記で紹介しているローン会社は、いろいろと他の大手のローン会社と比較してもかなりすぐれている商品内容でしたから。

 

銀行ですと他にもりそな銀行や三井住友銀行、あおぞら銀行などもありますが、私がいろいろ利便性などを調べた結果、やはりみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行、イオン銀行はすごいなと思いましたね。

 

あと、消費者金融や信販会社で言えばアイフルやジャックス、オリコ、セゾンなどもありましたが、やはり最終的にアコム、プロミス、レイクというところを選ぶことになりました。

 

最近は消費者金融も昔ほど多くない気がします。その中でも生き残っているアコム、プロミス、レイクというのはやはり力がありますね。

 

これらの銀行カードローンや消費者金融のカードローンを状況に合わせて利用するようにしましょう。